カテゴリ:ニュース( 4 )

 

お手柄、ローザ・フォン・デァワシューダイコク号

島根県警の嘱託警察犬「ローザ・フォン・デァワシューダイコク号」が

住居侵入事件の捜査に協力し、犯人と思われる足跡の臭いから、

被疑者の自宅付近まで足取りを追跡し、犯人検挙に繋がったとして、

このほど、島根県警察雲南警察署から感謝状を受けました。

詳しくは⇒⇒⇒⇒こちら島根県警察本部HP
[PR]

by shepherd-dogs | 2013-02-23 02:18 | ニュース  

FIFAワールドカップ ペンギンたちも応援

 FIFAワールドカップの対カメルーン戦、日本勝ちましたね。

 そして明日は対オランダ戦ですね。

 これに勝てば決勝トーナメント出場決定で、引き分けなら
有力です。

 ぜひ、引き分け以上にもっていって欲しいものです。

 ところで、松江Fパークのペンギンたちも日本を応援しています。

 日本チームのユニホームを着て散歩しての応援です。
d0172236_9541516.jpg
d0172236_955182.jpg
d0172236_9575492.jpg

[PR]

by shepherd-dogs | 2010-06-18 10:07 | ニュース  

「RAILWAYS」のトークショー

 昨日(6月16日)、映画「RAILWAYS」のトークショーが出雲市大社町の古代出雲
歴史博物館であり行ってきました。

 開演予定の40分前に会場へ入りましたが、もうすでに多くの人が集まっていました。

 座れたのは、中より少し後ろの席でした。

 その後、ぞくぞくと人が集まり立ち見ができました。

 このトークショーの前に映画館での舞台挨拶があり、これが盛況で
予定より少し遅れて始まりました。

 錦織監督は撮影中、スタッフや出演者に「島根は、いいところだ、いいところだ」と
いっておられたとのことでした。

 高島礼子さん、ステキでした。生の高島さんをはじめて見ました。

 このトークショー中の撮影は禁止でしたので写すことができませんでした。

 高島さんは、「この映画の撮影まで島根に来たことがなく、来てみようとも
思わなかったが、来てみてすばらしところだと感じた」と話されました。

 制作総指揮の岡部さんは大の鉄道マニアで、
この博物館で現在開催中の特別展「BATADEN一畑電車百年ものがたり」の
ジオラマは、岡部さんの作だそうです。
d0172236_4475138.jpg


 この映画の副題は「49歳で電車の運転士になった男の物語」ですが、もともとの
副題は「それぞれの道」だったそうです。

 家族のつながりや、人生で巡り会うさまざまなできごとを描いていて、
それぞれが自分の夢を追って生きていく。

 映画を見られた人は、それがわかるかと思います。

 映画に出た「デハニ50型」は現在出雲大社前駅の2番ホームで展示されています。
d0172236_571167.jpg
d0172236_582832.jpg
d0172236_585693.jpg


 この「デハニ50型」を動体保存して欲しいとのことでした。
 静態保存では剥製と同じで、やはり生きている状態保存して欲しいとのことでした。
 なにかのイベントのときには、運転できる状態であって欲しいものです。

 この博物館で開催中の特別展「BATADEN」は、写真撮影OKです。

 入場券は切符です。
d0172236_5242813.jpg


 そして、入場の際には改札口風の入口で、駅員さん姿の職員さんに切符を切ってもらいます。
d0172236_5285031.jpg

[PR]

by shepherd-dogs | 2010-06-17 05:51 | ニュース  

映画「RAILWAYS」出演者のトークショー

 一畑電車で話題の映画「RAILWAYS」の主人公の

妻役の高島礼子さんと製作総指揮の岡部秀司さん

それと錦織良成監督によるトークショーがあります。

  日時 6月16日(水) 14:00~

  場所 大社町 古代出雲歴史博物館

 興味のある方は行ってみられたらいかがでしょうか。

  くわしくは、こちら
[PR]

by shepherd-dogs | 2010-06-12 12:51 | ニュース